格安航空券を使うなら旅のプランを十分に練る

- 格安航空券を使うなら旅のプランを十分に練る

獲物を狙う鷲

格安航空券を使うなら旅のプランを十分に練る

カニ鍋

もし格安航空券で国内旅行をする予定なら、旅のプランを十分に練るようにしましょう。なぜなら、航空チケットを購入してから計画に変更が生じてしまうと、キャンセルしなければならず手数料を払わなければいけなくなってしまうからです。

基本的に購入後の変更はできない

航空会社やプランにもよりますが、基本的に格安航空券は購入後の変更をすることはできません。したがって、もし国内旅行の計画が変わってしまっても、それに合わせて航空券の出発日時を変えてもらうことはできないのです。

もし変更をする場合には、一度キャンセルをして改めて航空チケットを購入する必要があります。ただ、キャンセル時には所定の手数料を払うことになってしまうため、結果として余計な出費を強いられてしまうことになります。

そういったことを避けるためにも、旅のプランは十分に練っておくことが求められます。参加者全員の予定を確認した上で、本当にこの日時とスケジュールで問題ないか何度も確かめた上で、購入するかどうかを決めるようにしましょう。

変更の可能性がある場合はどうすればいいか

もっとも、どれだけ綿密にプランを練っても、全員が確実に参加できる日時を決められなかったり、あるいは急な仕事や用事が入ってしまうこともあります。そのような場合、もちろん予定を変更する可能性もあるわけですから、そうなると格安の航空チケットは利用しない方がいいのでしょうか。

ただ、航空会社によっては一定の時期までキャンセルをしても手数料がかからないケースもあります。そうでなくても、まだ日数に余裕があるうちは、20%から30%程度の手数料で済むでしょうから、変更の可能性があるからと言って普通運賃を利用するのは早計です。あくまでも、旅行の計画が変更になる確率と、キャンセル料との兼ね合いも考えながら、どちらがいいかを考えることが重要です。

旅行の人数によっても変わってくる

自分1人や恋人と2人きりで旅行をする場合は、旅のプランも立てやすいでしょうし日時を決めるのも容易でしょう。しかし、それなりの人数で旅行をするとなれば、かなり早い段階でプランを立てておく必要があります。人数分の航空券も確保しなければいけませんから、日時だけでも早めに決めておくようにしましょう。

確実に変更のリスクは避けられないので

いつどんなタイミングで急な都合が入るか分からないので、旅行に関しても変更のリスクを確実に避けることはできません。だからこそ、それを最小限に抑えるためにも旅のプランはしっかりと練っておくことが望ましいです。