格安だからこそどうしても制約は生じる

- 格安だからこそどうしても制約は生じる

獲物を狙う鷲

格安だからこそどうしても制約は生じる

格安航空券というのは、とっても便利で魅力的な存在ではありますが、裏を返せば色々な制約があるからこそ安く提供できるわけです。そのため、国内旅行の際に格安の航空チケットを活用する場合でも、それを受け入れた上で利用しなければなりません。

販売枚数は限定される

例えばJALやANAといった航空会社では、普通運賃によるチケットと割引運賃によるチケットを分けて販売しています。当然ながら、航空会社としても利益を得なければならないので、ある程度は普通運賃での航空チケットを売らなければなりません。

販売枚数が限定されれば、それだけ早い段階で売り切れになる可能性も高いですし、特に繁忙期なら相当前から満席状態になることも多いです。したがって、確実に格安航空券で国内旅行をしたいのであれば、かなり早いタイミングで予約をしなければなりません。

搭乗日が近づくほど手数料も割高になる

普通運賃であれば、出発時刻までなら払戻し手数料を支払うだけでキャンセルができます。しかし割引運賃に関しては、キャンセルをすれば取消手数料も支払う必要があり、搭乗日が近づくほど手数料も割高になっていきます。最終的には100%になって実質キャンセル不可になってしまいますから、その点も注意しなければなりません。

航空券を購入する際には、どの時期から取消手数料が発生するのか、どのタイミングで手数料が割高になるのか、そういった部分を確認した上で最適なプランを選ぶようにしましょう。

LCCだとサービス全般が制限される

また、LCCを利用する場合にはサービス全般が制限されることも覚えておかなければなりません。手荷物の重量制限があり、預ける場合には別途追加料金を支払う必要があります。機内サービスに関してもほとんどが有料となっているので、使い方次第ではかえって割高になってしまう可能性もあります。

必ずしも激安になるとは限らない点にも注意

ちなみに、格安航空券なら無条件で激安価格になるわけではありません。週末、連休シーズン、繁忙期、その他大きなイベントが行われるなどの理由で、割引運賃やLCCでもあまり安くならないケースもあります。そのため、絶対に低予算で旅行をしたいのであれば、場合によっては時期をずらさなければいけないかもしれません。

デメリット以上の魅力があるからこそ支持されている

このように、格安だからこそのデメリットもたくさんありますが、それ以上に安く飛行機に乗れるという魅力があるからこそ、多くの人から支持されているのです。